婚活パーティーは費用対効果が悪い

婚活の手段としては比較的ポピュラーな婚活パーティー。一回一回の値段はそれほど高いというわけでもないので、結婚したい人にとっては、手軽で便利な印象があります。安上がりな婚活パーティーなら、一回数百円から参加できます。高くても何万円もするわけではないので、結婚相談所に登録せず、婚活パーティーだけでなんとかする、という人もいるでしょう。しかし、婚活パーティーだけだと、なかなか効率が上がらず、費用対効果はかえって悪い可能性があります。なぜか。マッチングが考慮されていない婚活パーティーは、出会いは多くても中身がなく、空振りする可能性が高いからです。どうしても素敵な異性の数は少ないため、その人に人気が集まり、納得のいかない結果が続きますし、そもそもいい人がいない、という婚活パーティーも少なからずあります。それでも懲りずに何度も参加していると、今度はありがた迷惑な、まったく好みでないタイプの異性からアプローチを受けたり。そうやって考えていくと婚活パーティーというのは、かなりギャンブル的な要素が高いのです。もし婚活パーティーに参加するのであれば、結婚相談所経由で、十分なマッチングがされた婚活パーティーに絞った方が良いかもしれません。

合コンは婚活ではない!

なんとなく、婚活パーティーや結婚相談所というのは、参加することに必死な感じが漂うものです。しかし、結婚をどうしてもしたいのであれば、絶対にオススメできるものです。逆に、まったくすすめられないのが合コンです。合コンだと前述のような必死な感じはしないですが、その分、結婚には向いていません。合コンで結婚相手を探す、ということ自体が必死なイメージですよね。実際、合コンに婚活を持ち込む人はほとんどいません。男性は何でしたら、ワンナイトラブぐらいが理想という気持ちで来ています。もちろん年収など聞ける雰囲気ではないですし、下手をすれば、どんな仕事をしているかも聞けません。そんな相手と結婚を考えるというのは、例えどんなにイケメンでノリがよくても、ありえないと思いませんか? 男性が婚活する場合も同様です。合コンで得られる情報から、女性の内面などを把握するのは非常に難しいことです。結婚というのは、見栄や外聞だけではどうにもならない一線があるのです。例えば、そこから付き合って、一緒に過ごする時間を重ねていけば、もしかすると結婚というゴールも見えてくるかもしれませんが、やはりいきなり婚活の一環として合コンに出かけるのは、間違っていると思います。ちなみに、出会いの形にかかわらず絶対に結婚してはいけない男性についてご紹介します。借金がある、DV、ギャンブル依存症などです。どれも問題ありますが、ギャンブル依存症もなかなか難しい問題で、自分が我慢すれば済むという話でもないので悩ましいところです。仮に好きな男性であってもギャンブル依存症の人と結婚するならよほどの覚悟が必要かもしれません。